メリットを理解して行動しよう!代理店について

代理店のメリットとは

代理店とは、事業者などから商品を仕入れてそれを販売する形態のことです。そうして展開したお店のことを指す場合も多く、商品を売るという形態ではあるものの、販売の仕方に関しては自由度が高い傾向にあります。その自由度が代理店のメリットといえるでしょう。リスクも比較的少ない事業形態ですが、売上を伸ばすには経営者として手腕が必要となります。店舗の立地場所、宣伝方法、コストパフォーマンスなど理解しておくと有利になる事は多いです。

フランチャイズとの違い

代理店とフランチャイズは混合されることもありますが、実はかなりの違いがあります。まずフランチャイズは加盟することで成立し、開業後はマニュアルを重視して営業するものです。経営のノウハウがなくても開業できるのがメリットではありますが、自由に営業したい人にとっては代理店の方が良いと言えるでしょう。ただしフランチャイズにはすでに名前が知られているという利点があります。代理店、フランチャイズそれぞれに長所があると見て良いです。

リスクリターンを考える

店舗運営前に理解しておきたいのがリスクリターンです。リスクは抑えたほうが良いですが、リターンを増やしたいと考えると自然とリスクは増えるものです。明確に未来のビジョンを作ることが開業においては重要なファクターです。また代理店のジャンルは増えているので、比較して決めることも大事です。選択肢が増えたことで、考える余地も多くなったといえますね。仮に資金が多くあったとしても、まずは小規模でのスタートが望ましいです。

代理店の募集というのは、全国の様々なエリアにおいて行われており、所有している空き店舗の有効活用にも役立ちます。

Back To Top