代理店・フランチャイズで独立、起業そんなに簡単に成功できる?

代理店、フランチャイズの形態とは

代理店とはメーカーの代理として商品をエンドユーザーに販売する店舗、または人をいいます。販売店と違うところは在庫を抱えないというところでこれが代理店のメリットとなっています。また代理店では商品、サービス販売の利益は販売手数料のみなので在庫を抱える販売店と比べ利益が少ないのも一つの特徴です。フランチャイズとは事業形態の一つで、メーカーやフランチャイザーが商号、商標など自己開発した商品、サービス、営業ノウハウを提供し、実際販売するフランチャイジーがエンドユーザーに対して営業、販売するというシステムで、商品、サービス、営業ノウハウを受ける側フランチャイジーはメーカーやフランチャイザーに対価ロイヤリティを支払います。これが代理店、フランチャイズの多くの形態です。

気をつけなければならないのはまず契約

代理店にしてもフランチャイズにしても通常の独立に比べ、5年をめどにした成功率は3倍ほど高い確率といわれます。これは販売する商品、サービスの認知度やブランド力がすでにある場合が多いので、ある程度の売り上げは確保しやすいからです。ここで重要なことはまず開業にあたり、メーカーやフランチャイザーなど営業権を与える側との契約条件の確認が重要となります。当然メーカーやフランチャイザーなど営業権を与える側にに対してロイヤリティなど様々な経費負担があります。自分の独立起業の目標を明確にしてしっかり利益を確保できるように、またその利益を確保するためにはどの位の売り上げが必要かなど検討しておいてメーカーやフランチャイザーつまり営業権を与える側と契約を交わさなければなりません。その契約は長期にわたるものが多く、自分を縛ることにもなりますので慎重に検討することが重要です。

代理店、フランチャイズを続けていくためには

通常の独立起業に対してある程度の成功の確率が大きいのが、この代理店、フランチャイズの良いところではあります。しかし長期にわたり継続してゆく中で、いくらメーカーやフランチャイザーの営業力が大きくても、他の代理店、フランチャイジー内での不良店の影響などリスクは数々あるものです。メリットとして安定した原材料の供給やチェーンの知名度などはありますが、やはり売り上げ拡大のため他成功店舗のサンプルを参考にするなど独自の様々な営業努力は考えていかなければならないでしょう。これはどんな仕事も同じです。

代理店とはメーカーや仕入先から手数料を取り、直接代理契約を結び取引の代理をすることをいい一定範囲の権利や業務をおこなっています。

Back To Top