経験者に聞いた!バイク便の仕事をやって良かったこと

道路地図が不要になった

毎日、バイクでいろいろな道路を走っていると、いつの間にか道路地図が不要になるほど、道に詳しくなっていることが多いといいます。バイク便は、1分1秒をいかにして短縮するかが重要なので、道をよく知っている人ほど、荷物を運ぶのが早くなります。少ない時間で、荷物を届けることができるようになると、それだけ歩合給も増えるし、会社からの信頼も厚くなるわけですから、やりがいがありますよね。地図に詳しくなると、プライベートでも役に立つので、一挙両得ですよね。

バイクのメンテナンスができるようになった

バイク便の仕事に欠かすことができないのが、バイクのメンテナンスです。自分が乗るバイクは、自分で整備するのが基本。命に関わることなので、他の人に整備を任せるよりも、自分の責任でメンテナンスをしたほうが安心ですよね。運転するのは好きだけど、メンテはやったことがない!そんな人でもだいじょうぶ。先輩たちが、やり方を教えてくれるので、はじめのうちは慣れない手つきでメンテをしていた人でも、すぐに10分ほどの時間で点検できるようになります。

税金や社会保険に詳しくなった

バイク便の雇用形態には、ふつうの会社員と同じように、正社員として勤務する場合と、業務委託契約を結びフリーランスとして働く場合の二種類があります。フリーランスとして働く場合には、国民年金や健康保険などの社会保険料や、所得税の確定申告を自分ですることになるので、社会保険関係や税金関係に自然と詳しくなるんですよね。最初のうちは、知らないことばかりで戸惑うこともあるかもしれませんが、ほとんどの人がすぐに慣れます。この経験が、将来役に立つんですよね。

バイク便の求人に共通することとして、出来高払いの賃金体系が設定されていることや、勤務のスケジュールを調整しやすいことがあります。

Back To Top